妊娠中に体重が急激に増えて太ってしまう原因とは?

妊娠中に体重が急激に増えて太ってしまう原因とは?

妊娠中は、食べ過ぎてなくても脂肪が付きがちです。

 

なぜ太りやすくなってしまうのでしょう。

 

妊娠中はプロゲステロンという体の中に脂肪を
蓄えようとする酵素が体の中で分泌が活発になります。

 

これが、腸の働きを下降させます。

 

便秘がちになり、不要な成分の集積しがされて、代謝が悪くなり、体重増加になってしまいます。
また、便は、体重へ確実に影響を及ぼします。腸内洗浄をすると3〜4kg減少する場合もあります。

 

プロゲステロンには、脂肪を集積しさせるお役目もあります。
それも皮下脂肪です。
妊娠・出産のパワーの源になるのですが、お腹以外はほっそりした妊婦で居たい女性には困ってしまいますよね。

 

なお、皮下脂肪というのはひとたび付くと変化しないという恐ろしさがあります。

 

また、赤ちゃんが発育してくると子宮が腸を押し付けるのです。
この、妊娠中のプロゲステロンの作用は、
妊娠中に赤ちゃんを固守するためには絶対に必要なホルモン=赤ちゃんを順守したりお母さんの妊娠や
出産をアシストするホルモンではあるものの、体重増加にも係わってしまうホルモンの側面もあるのです。

 

 

赤ちゃんの為の必要な準備を始めている妊活中、妊娠中の貴方へ、

33%OFFでお試しできるのは効果に自信があるから

健やかな赤ちゃんを育むために
必要な葉酸が簡単にとれます→ベルタ葉酸サプリの詳細はコチラ


 

 

ベルタ葉酸サプリを楽天より圧倒的に安く購入!嘘のない口コミのトップページに戻ります
↓↓↓

page top